2021.10.31

「モノ」を長く使う事で、築かれる愛着

CREATE : 2021.10.31 UPDATE : 2021.10.31

 

こんにちは。Fresk編集長の角田です。

 

実は私がFreskの記事を書くのは、今回が初めてになります。

 

今回はせっかくの初回ですので、北欧家具についていつも感じてることをまとめられたらなと。

 

 

皆さんもご存知の通り、北欧の気候はとても寒いです。

 

そのため必然的に、室内で過ごす時間が多くなります。

 

別の記事でも紹介しましたが、北欧家具はそんな背景もあり、

 

長く使える、使い心地の良い家具へと進化していきました。

 

 

家具を大切に想ったり、日々の気分をほんのちょっと変えたり。

 

北欧では室内で過ごす時間が長いからこそ、そんなちょっとした事が人生を充実させるのかなと。

 

 

そんな「北欧生まれ」の家具や雑貨たちを紹介するWEBマガジンとして、

 

「Fresk」を立ち上げました。

 

「モノ」を長く使うという事

物を長く使うのって、何かいいですよね。

 

初めての部屋、初めての家具、初めての仕事道具。

 

生活の上で日々使っている「モノ」。

 

長く使っているモノもあれば、まだ使い始めたばかりのモノもあるでしょう。

 

 

不思議と初めて使い始めた頃は、どこか緊張感があったり、ぎこちなかったり。

 

 

例えば私は1ヶ月前に引っ越したのですが、

 

慣れないうちは良くも悪くも、新しい部屋が「他人」のような感じでした。

 

 

1ヶ月住む事で、良い所や悪い所が見えてきたり、段々と愛着が湧いてきたり、居心地の良さを感じてきたり。

 

これからもっと、この部屋の色んな面が見えてくるのかなと。

 

 

不思議と物と人間の間には、まるで人間関係のような「慣れ」や「愛着」があり、

 

長年愛着を持って使っている「モノ」は、多少壊れてしまっても修理して使ったりします。

 

 

北欧家具や北欧雑貨には、そんな「愛着」をついつい持ってしまうような、

 

温かさや親しみやすさがあると思うのです。

 

 

派手だけれども、長く付き合うタイプじゃない家具もあります。

 

地味に見えても、長く付き合っていける家具もあります。

 

たぶん、私が好きなのは、後者なんですね。

 

 

Freskは、同じ想いを持った皆様が、

 

「愛着を持って長く使える、お気に入りの家具・雑貨」に出会えるような、

 

そんなWEBマガジンにしていけたらな….と思います。

 

 

まだまだ始まったばかりのWEBマガジンですが、

 

今後ともFreskを、どうぞ宜しくお願いします。

# コラム

新着記事