Loading...
おしゃれな家具・雑貨だけをあつめた小さなお店です :-)

2022.10.31

一人暮らしこそインテリアを楽しもう|一人暮らしを充実させるおすすめインテリアグッズ

せっかくの一人暮らし、インテリアにもこだわって、自分らしく心地のよいお部屋にしたいと思ったことはありませんか?


とはいえ「どうせ自分だけしかいないし、こだわっても仕方ない気がする」「とりあえず片付いていればOK」と、こだわる必要がないと思っている方もいらっしゃるでしょう。


しかし、自分一人だけの空間だからこそ、自由にインテリアを楽しんで充実したお部屋にできる醍醐味があります。

はやく帰りたくなるようなお部屋であれば、毎日の生活ももっと有意義なものになりますよね。


今回は、そんなお部屋を充実させるためのインテリアグッズをご紹介。

小物と家具と合わせて、15個のアイテムを厳選しました。

「おしゃれになりそう」「コレあったらいいな」「QOL上がるかも」と思うアイテムをそろえましたので、ぜひ最後までチェックしてみてください!


一人暮らしを充実させるために、どのようなインテリアグッズを選ぶ?

インテリアをただただ楽しむだけでは、生活面で不便に思う場面がでてきたり、気が休まらなかったりする場合もあります。

また、機能面だけを重視しても無機質で寂しいお部屋になってしまいますよね。


では、どのようにインテリアグッズを選んでいけばいいのでしょうか。

まずは、一人暮らしのインテリアグッズを選ぶ際のポイントを確認しておきましょう。


あなたらしい癒しの空間が作れるインテリアグッズ

インテリアにこだわるのは、自分の部屋を“癒しの空間”にするためでもあります。

好きなものを詰め込んだお部屋というわけではなく、気持ちがリラックスできて癒されるかどうかも重要です。

毎日過ごす部屋から心を満たすようにしていれば、気持ちも前向きになり、心身ともに上質な生活にできるはず。


あなたが、素敵!と思ったアイテムや、癒しとなるような空間を作ってくれるアイテムを選ぶことは、何よりも大切です。


毎日の暮らしを快適にしてくれるインテリアグッズ

とにかくオシャレに見えるかどうかだけにこだわると失敗する場合もあります。オシャレさと、便利さや快適さが一致しているとは限りませんよね。


そのため、家事や掃除などやることが多い一人暮らしでは、日々の生活が快適になるインテリアグッズも取り入れることが大切です。


たとえば、部屋を散らかりにくくしてくれたり用途の幅が広かったりするアイテム。その上で、インテリアとして見た目もオシャレならなおよし、といった感じです。


その両方を兼ね備えているインテリアグッズがあれば、積極的に取り入れていきましょう。


スペースを取りすぎないインテリアグッズ

一人暮らしのお部屋は部屋数も少なく、限られたスペースの中でインテリアを考える場合が多いと思います。

できるだけお部屋が狭く感じないよう、無駄なスペースを取らないデザインであるか、というのもしっかりと見るべきです。


いくらオシャレなお部屋でも、窮屈に感じる空間ではなかなかくつろげません。導線に大きな家具やインテリア雑貨があってもストレスになってしまいますよね。


サイズや見た目の圧迫感も加味して、実際に部屋に置いてみたらかなりのスペースを取ってしまった、なんてことにはならないように気を付けましょう。


一人暮らしにおすすめのインテリアグッズ15選

それでは、一人暮らしを充実させるためにおすすめしたいインテリアグッズを紹介していきます。


インテリアのアクセントとなるものや、収納などに役立つ小物アイテムと、スツールや鏡、机などの家具類から厳選しました。


あなたのお部屋に合うものが、きっと見つかるはずです!


〜小物編〜

今のお部屋が気に入ってはいるけどいまひとつ…と思う方は、まずは小物から変えてみるのもおすすめです。



ラタンで編み込まれたお洒落で可愛い「ウォールミラー」


ラタンで編み込まれたウォールミラーは、お部屋を一気にハイセンスに。


無難なデザインの手鏡を置いておくと、生活感が出てしまいがち。

また、こだわってオシャレに仕上げたお部屋でも、壁だけがどうも寂しい…なんて場合もあると思います。


そんなときには、おしゃれなウォールミラーを飾るのがおすすめ。

お部屋のなかのアクセントとして主役にもなれますし、何よりかわいいですよね。


ナチュラルな素材でできているため、幅広いテイストのインテリアに馴染むのもおすすめポイントです。


商品詳細ページへ>>



小物の魅力を引き出してくれる「ラウンド型ゴールドワイヤーバスケット」

2段になったワイヤーバスケットは、果物や瓶などの食材を入れるだけで様になるアイテム。

細々したものが散らかりやすいキッチン周りや、カウンターテーブルに置いておくのに最適です。どこか海外のような雰囲気が出せるのも魅力ですよね。


絶妙にくすんだゴールドの色味がインテリアを邪魔せず、光沢もありすぎないためチープに見えません。


来客にお菓子を出すときに使うのもあり!上部に取っ手があるので、持ち運びもスムーズです。





アンティーク調の脚付き「ツインストレージシェルフ」

脚の付いたシェルフは、部屋のさまざまな場所で大活躍。


リビングの棚に置いてアクセサリーや時計などの小物を入れてもいいですし、安定感もあるのでコップなどの食器もしまえます。


その中でも個人的なおすすめは、キッチンで調味料や瓶を並べて入れる使い方。

調味料をキッチンにそのまま置いて並べたり引き出しにしまったりしている方も、あえて“見せる収納”に入れてみてはいかがでしょう。


なぜかこのようなカゴに調味料が入っていると、料理が得意そうに見えたり…しませんか?一人暮らしが充実しているようにも映り、実際に料理も楽しくなりそう。


また、2段になっているためコンパクトなキッチンでも場所を取らずに、たくさん収納できます。



落ち着きのある「トイレットペーパーホルダー(1P)」

「トイレットペーパーホルダーは備え付けでいいのでは?」

「お手洗いの空間もインテリアを考える必要ある?」


そう思っている方こそ、お手洗いの中での一人空間にもこだわることでさらに充実感もアップ。

その一つとして、トイレットペーパーホルダーを変えるのもおすすめです。


おしゃれなカフェやこだわりの注文住宅などでは、洗練されたデザインのトイレットペーパーホルダーを選ぶのはもはや常識。(かも?)


絵画のレプリカやディフューザー、瓶などの小物を置いて癒しの空間にしても、いざペーパーを使うときにプラスチックのホルダーだとなんだか残念な気持ちになります…。


手に取るところにこそ目が行くので、インテリアにこだわるならトイレットペーパーホルダーも見逃せません。


このホルダーは天板にチーク材を使用しており、耐朽性も強度も高いのが特徴。チーク天板にアイアンのホルダーで、ヴィンテージ感も漂います。


◯筆者のひとりごと◯

見た目もオシャレですが、天板にスマホが置きやすそうなのもおすすめする理由。壁にわざわざ飾り棚を付けてスマホを置くぐらいなら、この天板でいいのでは?

お手洗いにスマホは汚い!とは言わずに、緊急時のことも考えて持っていくと安心ですよ。




空間をスッキリ見せる「深型アンティークペーパートレー」

格子のワイヤーを細くすることで、スッキリとした印象に仕上がったトレー。

収納スペースが十分に確保しづらい一人暮らしのお部屋に最適な、見せる収納アイテムです。

洗面所のペーパートレーとしてだけでなく、小物入れや書類入れにも使えます。


特に、インダストリアルなスタイルのお部屋にしたい方にはおすすめ。

手作りでできているため、不揃いなワイヤーのゆがみや隙間がオシャレさもあり、置いておくだけでセンスが光るインテリアの一部となるでしょう。


ちょっとしたものを入れておくカゴやトレーは、案外チョイスが難しいアイテム。

プラスチックだとチープに見えて機能性だけ重視しているように見えますし、逆に凝りすぎたデザインも飽きてしまったりお部屋に馴染まなかったり…。


そんなとき、どこに置いても違和感のないシンプルさと、少しアンティーク調のデザインのものは豊かな空間を手助けしてくれます。



素朴で優しい風合いのアロマディフューザー

一人暮らしの生活を手軽に上質なものにしてくれる、アロマディフューザー。


空間を作るのは、視覚的なものだけではありません。

香りにもこだわることで、いつもよりさらにリラックスして過ごせます。

アロマの香りには、自律神経やホルモンのバランスを整える効果があり、アロマの種類によってもさまざまな効果が期待できるんです。


朝起きたとき、疲れて帰ってきたとき、寝る前など、シーンごとに香りを変えてみれば、日常が想像以上に充実するはず。


もちろんインテリアとしての要素もあり、シンプルで飽きの来ないデザインとコンパクトなサイズ感がいいですよね。

インテリア+癒しの空間をつくり出す、ベストアイテムです。


◯筆者のひとりごと◯

香りの効果は侮れない!気分に合わせたアロマは、QOLを底上げしてくれますよ。



〜家具編〜

続いては、一人暮らしを充実させるおすすめの家具類を紹介します!


思い切ってインテリアを変えたい!これから一人暮らしを始める、といった方はぜひ参考にしてみてくださいね。



木目がお部屋にマッチする25巾スタンドミラー

全身が映るスタンドミラーは、実用的に使うだけに限らずインテリアとしても優秀です。

ハイセンスなデザインでなくても、お部屋の隅に置くだけできちんとした“お部屋らしさ”がでます。


また、鏡を置くことでお部屋が広く見える効果も。なんとなく部屋が窮屈に感じると思ったら、スタンドミラーを置いてみるといいかもしれません。


一般的に、玄関の収納棚に全身ミラーが備えつけられているパターンが多いと思います。

しかし、玄関が広い空間でなければ引きで見るのは難しいですよね。出かける直前に身だしなみやコーディネートをチェックするのも、着替えてる段階からしていく方が準備もスムーズです。


◯筆者のひとりごと◯

後回しにしがちなスタンドミラーですが、筆者的にはまず揃えるべきアイテム!



小物を置ける棚付き「ポールハンガー」

ポールハンガーは、スタンドミラーと同じく最初に揃えておきたいアイテム。


収納が少なく、特に洋服類をしまうスペースが少ないお部屋では、コートやカバン、帽子などの置き場に困りがち。

すぐ手に取れる場所に置いておきたくてもスペースがない場合、ポールハンガーで解決です!


また、このポールハンガーは、スマホ・財布・時計など、外出時に必要な小物が置いておける棚も付いているんです。

コートやカバンはポールハンガー、小物は玄関かリビングのテーブル…とバラついた場所に置くよりも効率的。


天然木の素材がやわらかい雰囲気で、子供部屋にあるようなポールハンガーの印象にはなりません!

リビングの一角に置いても浮かずに、ナチュラルなお部屋のインテリアに溶け込みます。


◯筆者のひとりごと◯

ハンガーラックなどは横幅があるため、一人暮らしのお部屋ではけっこうなスペースを取ってしまうかも。ポールハンガーなら縦に空間を使うので、お部屋もスッキリです。



商品の詳細をみる>>



座り心地がいい「ワイドチェアー」

お尻から背中にかけて包み込んでくれるようなフォルムのワイドチェアー。


細い線形のデザインで、ワイドであっても圧迫感はなく、それでいてインテリアとしての存在感はバッチリです。


写真にあるように、ちょっとした物を一時的に置いておくサイドテーブル的な役割でも使えますね。

来客が来たときは、お客様用の特別な椅子としてもてなすのもいいのではないでしょうか。


カラーはブラックとシルバー、ゴールドの3色。

シンプルでベーシックな色を基調としたお部屋にも、色とりどりのアイテムのお部屋にもインテリアのアクセントとして置けます。

非常に万能性も高く、ハイセンスなワイドチェアーです。


商品の詳細を見る>>


取り外せる座面付き「ラウンドスツール」

カラフルな座面とセットになったラウンドスツール。北欧風デザインで、やわらかなあたたかみを感じます。


一人暮らしのお部屋を作るときに、何かとシンプルでモノトーンな物を選んでしまいませんか?きっとその方が飽きないし、無難で快適そうと思うからですよね。


とはいえ、毎日帰ってくる自分だけの部屋が、殺風景で冷たい感じがするばかりではインテリアの楽しさも半減。

思い切ってカラフルな色味を足してみるのもおすすめです。


じゃあ何で色を取り入れる?と迷ったときに、このアイテム!

かわいらしい色のアクセントカラーで、お部屋の雰囲気も明るくなります。


◯筆者のひとりごと◯

素材の質感と絶妙なカラーで、大人の部屋に置いても子どもっぽくならないのがいい。



商品の詳細を見る>>


木の温もりを感じる「スクエアスツール」

スツールというとラウンド型のデザインが多いですが、スクエア型もスタイリッシュにコーディネートできるのでおすすめです。


木からそのまま掘り出したような大きな木目が、緑ある自然の心地よさを演出してくれます。


座ったときにフィットするよう、天板の中央が少しくぼんでいるのもポイント。

ナチュラルなカーブが、こだわりのインテリアとしても映えます。


使い道が多いスツールは、お部屋に一つあると便利ですよ。


◯筆者のひとりごと◯

スクエア型は部屋を引き締める直線ラインが決め手!もたっとした部屋の印象を変えてくれます。



スッキリした空間を演出する「コンソール」

壁に立て掛けるようにして設置するコンソールも、一人暮らしのお部屋にはとってもおすすめ。

省スペースに置けて、テーブルの奥行きは狭くなるもののノートパソコンが置けるほどの余裕があります。


特にベッド周りは、できるだけゆったりとしたスペースを確保したいもの。

最小限で実用的なコンソールなら、見た目も洒落ていますし、女性でも持ち運びやすく移動も楽々です。


また、コンソールは飾り棚としてもおすすめ。

観葉植物を飾ってみたり、オブジェなどを置いてみたりと、インテリアを楽しんで自分らしいお部屋をつくるために一押しのアイテムです。


◯筆者のひとりごと◯

通常のサイドテーブルよりも、断然コンソールの方が実用的なのでは?省スペースに置ける意味でもコスパよし!



人気の3柄から選べる「カバーリングクッションスツール」

クッションスツールは、体を預けられる心地よさと共にお部屋の空間づくりに最適。

座って腰掛けるクッションとしても、オットマンとしても使えます。

そして、素材や柄で思い通りの部屋に印象付けられる自由さも魅力です。


くつろぎ重視のお部屋にしたいなら、硬い素材のスツールではなく、クッションスツールをおすすめします。

帰宅したとき真っ先に体を預けたくなるような癒しのアイテムで、愛着もわいてきそう。


柄は3色で、ナチュラルな北欧テイスト。どれも落ち着きのあるシンプルな柄なので、失敗することもないでしょう。



おしゃれな収納棚付きの「ローテーブル」

天板下に収納棚が付いたローテーブルは、木材のあたたかみとスッキリとしたデザインでお部屋のインテリアを崩しません。


このスマートな印象は、天板の薄さが理由ではないでしょうか。

天板が分厚いと、重厚感があり見た目的にも重たくどっしりとした印象に。

一方で、こちらのローテーブルのように天板が薄く角も取れていれば、下に収納棚が付いていたとしてもスッキリ見えます。


加えて、収納棚が紐で吊るされている仕様なため、さらに隙間が広く空いて見えるんですね。


使用されているラバーウッドは、乾燥や湿気による反りや割れに強いためこれぐらいの薄さでも問題ありません。



商品の詳細を見る>>



ウレタンたっぷりのボリューム感溢れる「座椅子」

座椅子は場所をとるイメージがあり、どっしりとスペースを取るため、なかなかインテリアの候補に上がらないアイテムかもしれません。


しかし、部屋の広さ的にソファーは置けないという一人暮らしのお部屋には、座椅子がおすすめ。

ローテーブルにも、ソファーより座椅子の方が高さも合います。また、移動も掃除もしやすく快適です。


ただし、デメリットとしては来客時の対応。

自分がいつも通り座椅子に座ってもいいですが、来客は座布団だとなんとなく心苦しい…。

来客した相手に座椅子に座ってもらうか、座椅子は隅に退けて、お互いに座布団か床に座る方がいいかもしれません。



とはいえ、自分だけの生活では欲しいアイテム。座椅子を開いて寝転がることもできるので、ご自身の好きなようにくつろげます。


レッド、グリーン、ブラウンと、アクセントカラーから部屋に溶け込む使いやすいカラーを揃えています。



まとめ

一人暮らしを充実させるインテリアグッズを紹介しました。

お手頃な価格のものを中心に選んだので、ぜひあなたのお部屋のインテリアに取り入れてみてくださいね。


ひと口に「充実させる」といっても、その意味合いはさまざまです。

癒しや快適さ、空間の広がりなど、一人暮らしならではの視点を持ちながら、インテリアを楽しみましょう!

Follow Me!!

その他の人気記事