Loading...
おしゃれな家具・雑貨だけをあつめた小さなお店です :-)

2022.11.28

北欧家具のダイニングテーブル特集 | ダイニングの雰囲気を変えるおしゃれな北欧ダイニングテーブル

目次
  1. 北欧家具のダイニングテーブルを選ぶ際のポイント
    1. Point1.座る人数と部屋に合わせたサイズ
    2. Point2.天板の形・デザイン
    3. Point3.天板の素材
    4. Point4.脚の本数・デザイン
    5. Point5.その他機能の有無
  2. 北欧家具のおすすめダイニングテーブル30選
    1. folk 伸長式ダイニングテーブル
    2. RIVER ダイニングテーブル
    3. Henry ダイニングテーブル
    4. ウッドサークルテーブル
    5. culum ダイニングテーブル
    6. ワイドダイニング テーブル
    7. 三角形ダイニング テーブル
    8. KANADEMONO ホワイトオーク × Black Steel
    9. KANADEMONO ガラス × Pin 木製脚
    10. C.K ダイニングテーブル
    11. LOWYA 異素材MIX ダイニングテーブル
    12. LOWYA ダイニングベンチセット
    13. nofflys 北欧テイストのダイニングテーブル
    14. モダン円形ダイニングテーブル
    15. オーク無垢材を贅沢に使用した円形ダイニングテーブル
    16. ケイシー 変形型の丸テーブル
    17. EAMES ダイニングテーブル
    18. ダイニングテーブルセット スクエア
    19. カフェ風ダイニングテーブル
    20. ZEED ダイニングセット
    21. イームズ カフェテーブル
    22. calm ナチュラルダイニングテーブル
    23. ARGANO ダイニングテーブル
    24. SNOW ダイニングテーブル
    25. 半円ダイニングテーブル marron
    26. 幅182センチ オーバルテーブル
    27. amocc Rouna Table
    28. ミストガラス ダイニングテーブル
    29. 幅110cm コンパクトダイニングテーブル
    30. ダイニングテーブルセット
  3. まとめ|ライフスタイルに合った北欧ダイニングテーブルを選ぼう

食事や勉強、団欒の場となるダイニングテーブルは、毎日を楽しく有意義に過ごすために大切な家具の一つです。

リビングと同じくらい、ダイニングの空間もおしゃれにコーディネートすることで、生活の質も格段に上がります。


そこでこの記事では、ダイニングの雰囲気をおしゃれに変えてくれる「北欧ダイニングテーブル」をご紹介。

シンプルで洗練された北欧デザインは、センスのあるなし関係なく、素敵なダイニングにしてくれます。


北欧家具のダイニングテーブルを選ぶときのポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!



北欧家具のダイニングテーブルを選ぶ際のポイント

ダイニングテーブルを選ぶ際に考えるべきポイントと、北欧デザインのダイニングテーブルならではの注意点をご紹介していきます。


選び方の主なポイントは、次の4つです。


  1. 座る人数と部屋に合わせたサイズ
  2. 天板の形・デザイン
  3. 天板の素材
  4. 脚の本数・デザイン
  5. その他機能の有無


それぞれ見ていきましょう!


Point1.座る人数と部屋に合わせたサイズ

ダイニングテーブルで必要な一人分のスペースは、幅約60センチとされています。

座る人数や座る位置(対面なのか横並びなのか)などに合わせて、テーブルの幅と奥行きをチェックしましょう。

また、全体のサイズ感を捉えておくのも大切です。数値で見るサイズだけではなく、部屋に置いても圧迫感がないか、見た目の印象もあわせて確認するとベストです。

また、人数分のチェアを配置した際の壁との距離や、生活動線も確保しておく必要があります。


Point2.天板の形・デザイン

天板の形は円形や楕円、正方形や長方形、またはユニークな変形タイプもあり、選択肢はさまざま。

それぞれ好みや使い勝手の良し悪しはあると思いますが、ダイニングテーブルを置く位置や、ダイニング周辺にある家具とのバランスも考えて天板の形を選ぶといいでしょう。

どこか一片を壁側に付けるのか、デッドスペースが生まれないように配置できるのか、他の家具と調和するかなどです。

また、北欧デザインはラインの美しさも特徴なため、角があるデザインもあります。デザインを優先するか、万が一を考えケガをしないように安全を優先するかも一度考えましょう。


Point3.天板の素材

天板の素材は、北欧デザインのダイニングテーブルを選ぶ上で特に気にしておきたいポイントです。

北欧デザインは、木材の温かみや、やわらかな質感を活かしたデザインがたくさんあります。厳しい寒さが続く冬でも、家の中でぬくもりや自然を感じられるようにデザインされているからです。

しかし、天然の無垢材で表面加工されていない天板を選ぶと、木材のよさは感じられますが、お手入れが大変になってしまいます。天然の素材はデリケートなため、神経質な方やキレイなまま保ちたい方にはあまりおすすめできません。

そういった場合は、無垢材の質感や風合いを損なわないようコーティング加工された天板を選びましょう。


Point4.脚の本数・デザイン

脚の本数によってメリットやデメリットが出てきます。

円形のテーブルによくある1本脚は、チェアを自由に配置でき、座ったり立ったりする際に足が引っかかることもなくスムーズです。

2本脚であれば、脚側にチェアは配置できないものの、角に脚がない場合は出入りしやすくなります。デザイン的にもスッキリ見えますね。

一般的な4本脚は、おしゃれな脚であればそのデザイン性が際立ちますし、チェアの脚とのラインもキレイに揃います。四方向にチェアが置けるのもメリットです。

一方で、デザインによっては足が引っかかりやすかったり、末広がりだと動線の邪魔になったりすることも。使いやすさに直結するため、脚も重要なポイントです。


Point5.その他機能の有無

ダイニングテーブルには、収納できる引き出し・棚が付いているものや、組み替えたり折りたたんだりすることでテーブルの幅を変えられるものもあります。

引き出しや棚があれば、カトラリーや小物、新聞やティッシュなどをしまっておけて便利。伸長できるタイプは、来客時など人数が増えた時にはもちろん、ライフステージに合わせて対応していけるのもメリットです。

ダイニングテーブルは家具の中でも大きな買い物であるため、長い目で見て選んでみてください。



北欧家具のおすすめダイニングテーブル30選

北欧らしい空間を作りだす、おすすめの北欧リビングテーブルをご紹介していきます。


部屋の中心となるダイニングテーブルで、暮らしの印象も大きく変わります。

実際に置いたときをイメージしながら、楽しんで見ていってください!



folk 伸長式ダイニングテーブル

出典:https://www.receno.com/diningtable/folkna-edt.php


キレイな円形のテーブルから、幅170センチの楕円形テーブルへと伸長できるダイニングテーブル。

スッキリとシンプルで、木材の温かみをダイレクトに感じられるデザインです。

テーブルを囲む人数によって、フレキシブルに対応できるため長く愛用できます。2人でも伸長して広々と使ってもいいですし、ダイニングのスペースを確保したいときは円形にして空間を広げることもできます。


RIVER ダイニングテーブル

出典:https://www.receno.com/diningtable/riv80-dt.php


80センチ四方で、使い勝手もちょうどいいダイニングテーブル。食事するにも、パソコンや本を開いて作業するにも十分な広さです。

脚と天板はスッキリとしたデザインですが、末広がりの脚で安定感もありワンルームにも圧迫感なく置けます。

こちらはシリーズ展開しており、円形や長方形のパターンもあります。その中でもっともコンパクトなのがこの正方形のデザインです。


Henry ダイニングテーブル

出典:https://www.receno.com/diningtable/henry-dt.php


幅125センチのゆったりした広さで使える上に、引き出し付きでこまごまとした物も収納できます。

ダイニングテーブルに引き出しが付いているタイプはなかなか珍しく、この引き出しが想像以上に使えるとの声も。ペーパーナプキンやお箸、カトラリー入れとしても便利です。

テーブルの上はいつでも片付いていたい、少しでもキッチンへ行き来する回数を減らしたいと思っている方は、引き出し収納付きのダイニングテーブルをおすすめします!


ウッドサークルテーブル

出典:https://6johan.com/products/wood-circle-table?variant=42374496518342&currency=JPY


円形の天板と一本の脚で立つテーブルは、どの場所にもイスを配置できるのがメリット。また足を自由に投げ出して座れてストレスフリーです。

印象的なデザインは、北欧らしいあたたかさと、海外のインテリアならではの洗練された雰囲気を叶えてくれます。

ナチュラル、ホワイト、ブラックと、どの種類もおすすめ。

お部屋のシンボルとして迎え入れてみてはいかがでしょうか。


culum ダイニングテーブル

出典:https://www.receno.com/diningtable/culdna-dt.php


コンパクトに見えて2人並んで食事するにも十分なスペースのある、幅130センチのダイニングテーブル。

ソファーと合わせることを前提に設計されており、通常よりも脚が内側に入ったデザインが特徴です。足元にもゆったりとした空間ができ、人の出入りもしやすくなります。もちろんチェアと組み合わせても大丈夫。どちらにしても、導線にストレスがないよう工夫されているのです。

ラタンの棚板も付いているため、ティッシュなど小物を収納しておけます。


ワイドダイニング テーブル

出典:https://www.covearth.co.jp/detail/510482.html


天板は薄く、脚はスッキリとしながら丈夫に仕上げたダイニングテーブル。

北欧由来の末広がりの脚は「交差」を取り入れたデザインで、単調にならないように工夫されています。ただの“大きな木製のテーブル”ではなく、モダンでおしゃれな北欧デザイン。同シリーズのチェアと合わせると斜めのラインが美しく、より一層テーブルの造形美を堪能できます。


三角形ダイニング テーブル

出典:https://www.covearth.co.jp/detail/512737.html


三角形のダイニングテーブルは、壁に沿って置いたり、部屋の隅に置いたりもできます。狭いお部屋でもレイアウトの幅が広がり、ベストなコーディネートが実現できるでしょう。

また、三角形でも角が取れているため、どの位置にも安心して座れます。

脚には質感と木目がやさしいラバーウッドの無垢材を使用。天板はより薄い木目の素材を使うことで、ちょうどいいバランスの木のナチュラルさが感じられます。

省スペースに置けてしまうので、ワンルームでもきちんとしたダイニングテーブルを置いて食事をしたい!という方におすすめのサイズとデザインです。


KANADEMONO ホワイトオーク × Black Steel

出典:https://kanademono.design/products/tbl-k32-bk?variant=39814425477182


個人のアイディアやパーソナリティを“奏でる”ための触媒となるインテリアを提供するKANADEMONOのダイニングテーブル。

オリジナルのホワイトオーク突板天板で、生き生きとした木目を表現しているのだそう。

こちらは天板の幅と奥行き、それぞれ1センチ単位でのオーダーが可能。そしてブラックの鉄脚も11種類の中から選択してカスタマイズできます。

こだわりの素材と洗練されたデザインをベースに、自分のお部屋や好みに合わせてセミオーダーできるのは嬉しいですよね。


KANADEMONO ガラス × Pin 木製脚

出典:https://kanademono.design/collections/table-for-dining/products/tbl-f111


角度や厚み、安定性など、いくつかの観点からベストなデザインを導き出した木製の脚がこだわり。

ガラスの透け感や光の反射を楽しみながら、木のぬくもりで部屋を包み込んでくれるあたたかい空間を味わえます。

ガラス天板は扱いやすいのもメリット。木材の板は何かと気を遣ってしまうこともありますが、ガラスならアルコール消毒も気にせずでき、何かこぼしてもサッと拭くだけ。ガラス天板を際立たせたいのであれば、脚と同じように木製のチェアで揃えてみてはいかがでしょうか。


C.K ダイニングテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/kag-2/33031721-500028250/


長方形の天板の角が斜めにカットされ、木のやわらかい印象の中にもエッジの効いたアクセントが光るデザイン。オーク材の大きく大胆な木目がうまく表現され、経年変化も楽しめます。

素材のよさを活かしつつ、お手入れもしやすいようにウレタン塗装を施しているためビクビクしながら使う必要もありません。

一目でわかる上質さと、この端正な造形には、永く使いたいと思わせる確かな魅力があります。


LOWYA 異素材MIX ダイニングテーブル

出典:https://www.low-ya.com/goods/F402_G1029


木の素材感や木目を活かしながら一つひとつ作られた、ヴィンテージ加工の無垢天板が魅力。お部屋の雰囲気にこだわり、味を出したい方におすすめです。

3本のフレームで一脚をデザインするブラックのスチール脚も特徴で、天板のヴィンテージ感ともマッチしています。

脚に特徴がある北欧デザインは、やはりチェアの脚も同じようなデザインや素材で揃えるとまとまりが出ます。同シリーズで揃えてみるのもいいのでは。


LOWYA ダイニングベンチセット

出典:https://www.low-ya.com/goods/F704_G1012


ヨーロッパやアメリカなどで使われてきたオークの無垢材を使用した北欧ダイニングテーブル。繊細な木目で見た目も美しく、お料理も映えるような穏やかな表情になるように作られています。

T字型の脚は、おしゃれさに加えて、テーブルから立って出るときも足元の邪魔にならずスムーズに出入りできるデザインです。

こちらの商品は、チェアとベンチの付いた4点セットですので、これだけでダイニングのコーディネートがばっちり決まります。


nofflys 北欧テイストのダイニングテーブル

出典:https://www.bellemaison.jp/shop/commodity/0000/1215620?SHNCRTTKKRO_KBN=


ホワイト/グレーのメラミン仕様の天板が、部屋を明るく演出するダイニングテーブル。このように無機質な素材との相性もいい北欧スタイルは、お部屋もすっきりキレイにまとまります。

ナチュラルな雰囲気はそのままに、もう少し今っぽい北欧スタイルに寄せたい方にピッタリです。天板のカラーは、パッと明るい印象を求めるならホワイト、少し落ち着いたくすみカラーを取り入れたいならグレーがおすすめ。

メラミン仕様は汚れやキズにも強く耐久性にも優れているため、ダイニングテーブルに適した素材です。


モダン円形ダイニングテーブル

出典:https://www.bellemaison.jp/shop/commodity/0000/1126897?SHNCRTTKKRO_KBN=


「ダイニングの印象がぼやっとしている」「木材のテーブルは合わない」といった部屋には、スッキリと美しいホワイト一色の円形テーブルはいかがでしょうか。

天板は光沢のある素材で、上質な北欧スタイル。直径105センチと大きすぎず、ゆったりとしたスペースも確保したちょうどいいサイズです。

ホワイトカラーのもつ清潔感や、洗練されたイメージを思う存分印象づけてくれます。


オーク無垢材を贅沢に使用した円形ダイニングテーブル

出典:https://www.bellemaison.jp/shop/commodity/0000/1158381/?SHNCRTTKKRO_KBN


くすみカラーともとれるような、ホワイトカラーで仕上げた無垢材を使用。この絶妙な色合いに惹かれる方も少なくありません。

ホワイトで統一したインテリアにも調和しやすく、それでいて北欧のあたたかい部屋の雰囲気もプラスできます。

円形テーブルは存在感もしっかりとありますが、天板を薄くしできるだけ圧迫感のないように工夫されているのもポイントです。


ケイシー 変形型の丸テーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/marukinkagu/t2-999/


ユニークな形をした変形テーブル。不規則な形をしていることで、レイアウトのアイデアも広がります。またテーブルに個性があることで、チェアや周りのインテリアの自由度も高くなるのが魅力です。

ありきたりな北欧インテリアではちょっと満足できない方は、お部屋の中心となるダイニングテーブルを大胆なデザインに選んでみてはいかがでしょうか。

今日はどこに座ろうかな?なんて、その日の気分も楽しめそうです。


EAMES ダイニングテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/furnterior/riccardo/


天板と脚の結合部分にホワイトカラーのパーツを使用した、北欧インテリアで有名なイームズデザインから着想を得たダイニングテーブル。

いい意味でクセがない北欧デザインは、一人暮らしでも、お子様がいらっしゃる家庭でも使いやすく合わせやすいのが特徴。

もちろん、イームズチェアと合わせるのもいいですし、木製のチェアや好きなカラーのチェアを持ってきても合わせられるため、ダイニングテーブルだけ新調したい!という場合にもおすすめです。


ダイニングテーブルセット スクエア

出典:https://item.rakuten.co.jp/grazia-doris/square/


同じデザインのチェアとセットのダイニングテーブル。四角形で統一されたシャープなデザインも、木材との組み合わせでやさしい雰囲気になります。

しかし、直線ラインを保つためにすべてを直角にしているわけではありません。チェアの背もたれは体を包み込むような緩やかなカーブを描き、長時間座っていても疲れないような設計になっています。

ナチュラルでかわいらしく映りがちなホワイト×木材の北欧スタイルでも、スタイリッシュに見せたい場合におすすめのデザインです。


カフェ風ダイニングテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/kagu-orangeinterior/10006558/


本物の木材のような木目を楽しみ、ナチュラルさを演出できるプリント紙化粧繊維板を使用したダイニングテーブル。ツルっとした素材で、汚れも拭き取りやすく扱いやすいのが特徴です。

先に向かって細くなるアイアンの脚は、モダンテイストに仕上げてくれています。

長方形ですが、きちんと角を取っているため、凛とした男らしいモダンテイストになりすぎません。女性の部屋にもおすすめです。


ZEED ダイニングセット

出典:https://item.rakuten.co.jp/kagu-world/mrm-0063/


北欧デザインのテーブルには、四脚で末広がりなデザインや、枠のようなデザインのアイアン脚がよく見られます。その2つのデザインをハイブリッドした脚が印象的なダイニングテーブルです。

分厚い天板や、しっかりとした脚で重厚感もあり、まさに主役といえる存在感。

北欧スタイルはナチュラルで気軽に取り入れやすいのも魅力ですが、そこからもうワンランク上の北欧スタイルを目指せるダイニングテーブルなのではないでしょうか。


イームズ カフェテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/theone/ymsyz70/


北欧チェアを代表するイームズチェアを、そのままテーブルに化身させたようなデザインのダイニングテーブルです。

コンパクトなサイズでカフェテーブルのような使い勝手のよさも◎。

持ち運びも楽にできるため、在宅ワークのパソコンデスクなど、用途を気軽に変えられるのも便利です。

イームズチェア独特の脚、アイアンと木材の重なりがお部屋のアクセントになります。


calm ナチュラルダイニングテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/air-rhizome/fub-signature-table-37007/


棒状の無垢材を貼り合わせて造り、木目がより強調された天板が北欧の自然を思わせます。

天板の素材によってお部屋の雰囲気はもちろん、実際に座って食事をしたり本を読んだりするときの気分も変わりますよね。テーブルを使っているときにこそ、このようなやさしい木目が目に入ることで癒しを感じられるでしょう。

木材を活かしたシンプルなデザインですが、雑誌や小物を置ける棚板も付いており、長方形を崩さないよう丁寧に角を丸く削るなど、細部にこだわりが見られる上質なダイニングテーブルです。さりげなく天板端に焼印が押されているのもおしゃれ!


ARGANO ダイニングテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/asquisse/10005556/


シンプルなホワイトスチールフレームに木目柄が見えるガラス天板を合わせた、キレイめなダイニングテーブル。ガラス天板であるがゆえにスマートな印象もあり、ホテルライクな部屋にもコーディネートできるでしょう。

ガラス越しに見える木のぬくもりで少し雰囲気をやわらげながら、ガラス天板のお手入れのしやすさと美しさも取り入れられます。

ガラス天板が反射する様子もまた、豊かな時間を感じられるのではないでしょうか。


SNOW ダイニングテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/asquisse/10005548/


装飾や変形デザインなども一切ない、四角い天板と四つ脚で構成された4人用のダイニングテーブル。

シンプルさは北欧デザインの基盤ともいえますが、これこそが究極なのでは。無機質な感じがさらにおしゃれでハイセンスに見え、周りのインテリアを引き立たせるような役目も果たしてくれます。

チェアを合わせるなら、同じくツルっとした素材で統一したシンプルなものか、木材とスチールを合わせたイームズチェアなどがピッタリです。


半円ダイニングテーブル marron

出典:https://item.rakuten.co.jp/net-c5/iw_iw-430/


ダイニングテーブルというと部屋の中央に配置するものと考える方も多いですが、半円の天板であれば壁やソファなどに沿って自由にコーディネートできます。

正円のテーブルを端に置くと、少なからずデッドスペースが生まれてしまいますが、端がカットされた半円型ならスペースを無駄にしません。

コンパクトな部屋のダイニングにも置きやすく、限られた空間を有効活用できます。


幅182センチ オーバルテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/chikugoya/sbkt182-351/


中心から放射状に組み合わされた木目が美しい、楕円形のダイニングテーブル。カーブでくびれを作り出し、クロスされた脚のデザインはセンスが光ります。チェアは置かずにそのデザインを全面に見せておきたいほどです。

実際にチェアを置いて座ってみると、足元の空間が広々としていて開放的に座れる心地よさを感じるでしょう。

こちらのテーブルは、幅150、120、110センチのバリエーションも展開しています。大きさによっては正円だったり楕円だったりするため、お好みに合わせてチョイスしてみてください。


amocc Rouna Table

出典:https://item.rakuten.co.jp/jellyfish-shop/tc4459/


サイドテーブルのようなスッキリとしたデザインの円形テーブル。カフェ風のダイニングにベストなサイズとデザインです。

中央から一直線に伸びる脚が魅力的でかわいらしくもあり、また安定感もばっちり。

ゆっくりとコーヒーを飲みながらくつろぐ様子をイメージできるのではないでしょうか。

円形テーブルはどのようなチェアも合わせやすいため、スツールを持ってきてもさらにかわいらしく、カフェ風に仕上がりますよ。


ミストガラス ダイニングテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/rokoko/se-000683/


北欧デザインのテーブルは、何より脚のデザインが特徴的。こちらのダイニングテーブルも、シンプルな正円の天板に台形フレームの脚が交差した、ユニークなデザインです。

足元の空間も十分に確保でき、足を組んだり投げ出したりするのも難なくできます。

脚のデザインが印象的だからこそ、チェアの脚も揃えるとさらに存在感が増して目を惹く空間が生まれるでしょう。同シリーズのチェアも、ぜひチェックしてみてください。


幅110cm コンパクトダイニングテーブル

出典:https://item.rakuten.co.jp/rcmd/tm-2324918/


繊細でやさしい雰囲気が漂う上品なダイニングテーブル。同じくホワイトや淡い色味を基調としたインテリアに合わせて統一感を出すことで、より映えるデザインです。

フェミニンな印象もあり、女性らしいやわらかな雰囲気が体現されています。

4人で座れる大きさですが、2人でも、もちろん一人でもちょうどいいのが嬉しいサイズ感。一人暮らしなら普段は広々と使いつつ、友達を呼んで食卓を囲んだり団欒したりと、楽しい時間を共有できます。


ダイニングテーブルセット

出典:https://item.rakuten.co.jp/moromoro/933t/


気品と高級感溢れる造形美、そして素材のよさを味わえるハイセンスなダイニングテーブル。正統派な北欧モダンを表現したデザインともいえるでしょう。

天板と脚とが重なり合う部分(テーブルの角)では、ガラス天板とフレーム、そして脚と3タイプの異素材がコントラストを奏でます。

脚のカラーはウォールナットとブラックの2色展開。どちらも高級感があって素敵ですが、ブラックだと少々重ためな印象に。異素材を際立たせるウォールナットが特におすすめです。



まとめ|ライフスタイルに合った北欧ダイニングテーブルを選ぼう

さまざまな北欧デザインのダイニングテーブルをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?


インテリアとしてだけでなく、生活する上でも大切な役割があるダイニングテーブルですので、デザインに加えて、使いやすさやライフスタイルに合ったものを慎重に選んでみましょう!


シンプルで美しい、洗練された北欧デザインの魅力を、ぜひダイニングにも取り入れてみてくださいね。

Follow Me!!

その他の人気記事